• 当主

夕顔

すいば106


゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚

源氏物語 巻四 夕顔


光源氏は五条に住む乳母(めのと)の病気見舞に立ち寄る。

正門の開くのを待つ間、むさくるしい五条の家々を見ていた。

乳母の家の西隣の家の垣根に「白き花ぞ、おのれひとり笑みの眉を」ひろげている。

何の花かと聞くと「かの白く咲けるをなむ、夕顔と申しはべる。花の名は人めきて、かうあやしき垣根になむ、咲きはべりける」と答えた。

従者にとらせようとすると、女の子が出てきて、香でいぶしかけた白い扇を渡し、「夕顔の花は、風情のない枝なので、この扇にのせて」という。


乳母の見舞をすませ、その扇を見ると、


 心あてに それかとぞ見る 白つゆの

   光そへたる 夕がほの花



『あて推量ではございますが、ひょっとして、夕べのつゆのように光るひとのご光来で、夕顔の花が美しく光り輝くのは、あの光源氏さまでは』という歌が美しく書き流されていた。

むさくるしい家の女主人が、どうしてこんな上品な文字を書くのかと気にかかる。


美しすぎて、うちとけにくい上流の姫より、この夕顔の女にひたすら心が奪われていく。


水入らずの時を過ごしたくて五条に近い「なにがしの院」へと連れ出す。

広大な邸には院を預かる者がいる。が、木立は茂りふくろうが鳴いている。ふたりが やすみ、火も消えてまっくら。かたわらの夕顔の女は、わなわなとふるえ正気を失っている。

ひとを呼ぶ。やっと院を預かる者の子がくる。悪魔を祓う弓の弦打(つるうち)を命じ女のもとへ帰ると、すでに息は絶えていた。


夕顔の花、それは朝とともに萎れてしまう。


この夕顔の女も、荒れたなにがしの院の夕べとともに咲き、朝とともに散っていってしまう。この経験で、女は夕顔の花のように心もとなくてこそ「なつかしくおぼゆべき」であると知る。


゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚*❋⁎❈*゚


佳人薄命を絵に描いたような悲劇的な最後が印象に残る女性。

深夜に女性の霊(六条御息所とも言われるが不明)が現れて恨み言を言う怪異に遭って没す。姫君(後の玉鬘)が一人いる事を知った源氏は、「姫君を引き取りたい」と切り出すが、乳母の子・惟光に制止された。騒ぎになる事を恐れ事を公にせず、しばらくしてから夕顔が暮らしていた家へ向かった源氏。しかし、家はすでに無人だった。





下京区に「夕顔町」というところがある。

平安時代、この地は平安京の条坊では、左京区五条四坊二保五町にあたる。

ストリートビュー と同じ景色(*^^) フフ♪

もう6時半でこの細い通りは真っ暗。

江戸時代に源氏物語の一大ブームがあったそうです。


ですが源氏物語は世界最古の長編小説です。

「源語傳説 五條邉 夕顔之墳」って。。。


この碑は昭和四年(1929)に京都史蹟会により建てられたものだそうです。

このお家の奥に、夕顔のお墓があるそうで、9月16日が「夕顔忌」で、毎年供養が行われているということです。



#夕顔 #源氏物語 #夕顔町