• 当主

四条の東の果て〜白朮詣り

すいば78


大晦日、除夜の鐘をききながら祇園さんに白朮詣りに・・・


京都の伝統的な年越しのスタイルです。

白朮詣り」と書いて「をけらまいり」と読みます。 この風習は京都人ならみな知るところで、古くから京に伝わる正月迎えの行事です。




除夜祭の行なわれた後、境内三ヶ所の「白朮灯籠」に「白朮火」を移します。

白朮の根は火で燃やすと臭いが強いので、疫神を追い払うと考えたようです。










御神火である白朮火を参拝者は火縄に移し、火が消えないよう回しながら自宅に持ち帰る。

普通の縄だとすぐ消えたり振り回すとちぎれてしまうので、吉兆縄は竹で編んだ長さ約180センチでできています。持ち帰った火は新年の無病息災を願い神棚に灯し雑煮を炊きます。


火を移した後の縄は「火伏せのお守り」として、台所に祀っておきます。





「白朮」は山野に生えるキク科の多年草で、かつては京都市周辺の山麓に広く自生して、大原女(おはらめ)が売り歩いたと言われます。

古名をウケラといい万葉集にも

恋ひしけば 袖も振らむを 武蔵野の ウケラが花の色に出なゆめ

など、おけらの歌がいくつかあります。











余談ですが、白朮詣りは昔は「悪口祭」の別名がありました。

井原西鶴の『世間胸算用』にも登場しています。第4巻の「闇の夜の悪口」によると、大晦日の夜に、八坂神社の境内に大勢が集まり、左右に分かれて、神前の燈火を暗くし、悪口を言い合い、笑い合う風習が大正はじめまであったそうです。

おのれは、三ケ日の内に餅が喉につまって鳥辺野へ葬礼するわいやい

などと言いあっていたそうです。






八坂神社の参道であるため、四条は大勢の参拝者で埋めつくされます。


大晦日午後11時から元日午前4時まで川端通から東の四条通りは歩行者天国となります。


白朮詣りの吉兆縄授与は元日の朝5時までですが、大晦日午後9時頃から人がドっと増え、日付の変わる0時からは初詣の参詣者が溢れ返り四条は身動きが取れないほどになります。

市電のあった当時は、車輌に白朮火の持ち込みが許されていたほど確立した伝統行事です。



四条の西の果てを載せたのが昨年の4月。ずいぶん日が空きました。

四条の東の果ては誰もがご存知、祇園さんこと八坂神社ですね。

古くは祇園社と呼ばれていたのを、慶応4年(1868)に八坂神社と改称しました。


#四条の果て #祇園さん #八坂神社 #白朮詣り