• 当主

御靈さんの一初

すいば91



一初」とは「いちはつ」と読み、あやめの中で一番早く咲くのでこう呼ばれるそう。

「あやめ」も「しょうぶ」も漢字で書くと「菖蒲」となりますが別の花です。

杜若、あやめ、菖蒲は見分けがつきにくく、何れあやめか杜若と言われるほどです。

水に浸かって咲くのが「杜若」と「花菖蒲」、乾燥地に咲くのが「あやめ」です。


上御霊神社の南水路いっぱいに一初は咲いています。水路にあって水は無しヾ(^▽^笑)ノ


私の若い頃には、神社の南向かいにずっと土塀がありました。


どこのお寺かと思っていたら高島屋の飯田邸でした。そうです、あの高島屋さんです。

その広大なお邸も今は細かく分譲されてしまいました。

そういえばDisneyもGucciも創業者のお身内が残っていませんよね。世の中、変わった。



私の中学は烏丸中学だったので、当時、毎年5月15日は休校でした。御霊祭の日だから。


我が家の氏神さまは今宮神社なので、5月5日の「おいで祭」とその当時の5月15日は「おかえり祭」の両方が休みという認識を持ち、御霊祭は見物したことがない。


現在では5月18日に行われる上御霊神社御霊祭は洛中で最も古い祭りと言われる。

今年は武漢ウィルスのため、神輿渡御は中止です。




上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)という社名は下御霊神社に対応するもので、正式名を「御靈神社」という。

楼門より西の通を(上)御霊前通と呼び、我が家近くの七野社の南の鳥居まで伸びる。



そもそもは桓武天皇の御代、各地で流行していた疫病は御霊祟りであるとして、延暦13年(794)5月、早良親王(崇道天皇)の御霊をこの地に祀ったのが始めだとされる。

室町時代文正2年(1467)1月18日、失脚した管領畠山政長が当社境内の森に布陣し、そこに畠山義就が攻め寄せて上御霊神社の戦が行われた。二人は従兄弟同志でした。

この戦いは応仁の乱の前哨戦となったことから、ここを「応仁の乱勃発地」とされる。



#上御霊神社 #御霊祭 #烏丸中学 #上御霊神社の戦 #応仁の乱 #御霊前通 #あやめ #一初