• 当主

瓢箪から駒

すいば105


今日は土曜日でしたが、ちょっと仕事ができたので会社に行き、帰りに道草しました。


瓢箪がたくさん成っていました。


瓢箪といえば豊臣秀吉ですね。

豊臣家の家紋は「桐紋」ですが、それより前に瓢箪の紋を使っていました。

「千成瓢箪」です。

これは家紋としてではなく「馬印」で、最初は一つだったものを戦に勝つたび増やしていったという伝説もあります。目を引く形として秀吉の気持ちが伝わりますね。

「駒」とは雅語で「馬」のこと。天下人となった秀吉に敬意を評し表題にしてみました。


今年の5月、秀吉が最後に築いた城「京都新城」跡とみられる石垣や堀、金箔瓦が京都御所の発掘調査で初めて見つかりましたね。京を語るに秀吉抜きでは語れないほど秀吉は京都には縁深い人物です。

ここは豊国神社(とよくにじんじゃ)。

神号「豊国大明神」を下賜(かし)された豊臣秀吉を祀る。豊臣家滅亡とともに徳川家康の命により廃絶となったが、明治天皇の勅命で再興された神社です。

なぜか西向きです。



唐門脇にたくさん下がっているのは瓢箪型の絵馬です。

最初の写真の瓢箪は唐門の向かって左に棚が見えるでしょうか。


そして参道の敷石の途中に左(北)に向かう道がご覧になれます。

そちらへ向かうと方広寺・天台宗の寺です。

大仏殿および大仏は1798年の落雷で共に焼失しています。

が、ここにはもっと有名な歴史的遺物が現存します。

慶長19年(1614)豊臣秀頼が亡き父・秀吉の追善のため造った鐘です。

これは表向きで、豊臣家の財力の消耗を狙った徳川家康が秀頼に勧めて造らせたのです。

石段を上り近くに寄ってみました。

鐘の上部には東福寺の僧・清韓の書いた銘文が刻まれています。

白く塗られた部分があります。(これは私が加工したものではありません)

「国家安康」「君臣豊楽」という部分です。この八文字が家康の怒りをかった。

「家康」の文字を二分し呪詛を図り、豊臣家の幸福を祈念するものだとして。

片桐且元が問題を解決すべく家康の元へ向かったが面会すら叶わず「大坂冬の陣」へと向かっていった。

家康の策略の裏で、政僧・天海と南禅寺の金地院崇伝とが深く関わったようだ。

崇伝は「黒衣の宰相」の異名のある僧で、東福寺の僧・清韓との権力争いも絡んだよう。


「大坂夏の陣」で豊臣家滅亡後、この鐘は呪いの鐘とされ地面に置き鳴らされなくされ、明治17年に寄進で鐘楼が建て直されるまで雨ざらしだった。

天井画は伏見城の女性の化粧室のものを移築された。

鐘の寸法は、高さ4.2m、外径2.8m、厚さ27cm、重さ82.7tだそうです。


この寺の通称は「大仏」または「大仏殿」。

往時の石垣の遺構が今も残ります。

日暮どきなので家路に急ぎました。

川端通も混み合っていませんでしたし、豊国神社・方広寺ともに人が数人だけでした。


もっとも私の若い頃は、ここはこんなものでしたよ。

ここ数年、反日教育をしているアジアの国からの入国がないのは元に戻ったとしか私には思えません。


#瓢箪 #豊国神社 #京都新城 #豊国大明神 #金地院崇伝 #天海 #清韓 #方広寺 #東福寺 #天得院 #国家安康 君臣豊楽 #大坂冬の陣・夏の陣 #豊臣秀頼 #豊臣秀吉 #徳川家康