• 当主

秋は夕暮れ



すいば109


秋は夕暮れ

夕日のさして山の端 いと近うなりたるに 

烏の寝所へ行くとて三つ四つ 二つ三つなど

飛び急ぐさへあはれなり

まいて雁などの連ねたるが

いと小さく見ゆるはいとをかし

日入り果てて 風の音 虫の音などはた

言ふべきにあらず

            枕草子 第一段

秋は夕暮れ時が美しい。

照る夕陽も山の影にいよいよ沈もうとする頃

烏が寝ぐらへ帰ろうと三羽四羽また二羽三羽

など飛び急ぐ姿も心に染み入ります。

まして雁が隊列を組み小さくなるまで遠くへ

飛んでゆく光景は本当に素敵。

日没を迎えても、秋草を揺らす風の音や

虫の声が聞えてくる風情はさらにまた 

言葉もいらないほど趣があるものです。



東山から帰ろうとする時、出遭った光景。


いよいよ紅葉の季節の始まりです。


ここは将軍塚。


都が奈良から京都の南方、長岡に移されましたが、いろいろと事故が続きました。

この時、和気清麻呂は桓武天皇をこの山上にお誘いし、京都盆地を見下ろしながら、

都の場所にふさわしい旨進言しました。

天皇はその勧めに従って延暦十三年(794)、平安建都に着手されました。

天皇は、都の鎮護のため高さ2.5m程の将軍の像を土で作り、鎧甲を着せ鉄の弓矢と太刀を帯させ、塚に埋めるよう命じられました。 約20m四方のものが現存しています。

これがこの地を「将軍塚」と呼ぶ由来です。

この将軍像の将軍は誰を模したって?

答えは→初代征夷大将軍・坂上田村麻呂


この地に青蓮院が「青龍殿」として平成26年(2014)再建し、大舞台を新築しました。


正面やや左に京都タワーが小さく見えます。

紅葉はこれからですが、街中に他府県ナンバーが溢れていました。

浴衣のようなお着物に兵児帯の人もぼちぼち歩いておられます。


世間では武漢ウィルスの第三波だとか。。。

感染者数と重篤者、死亡人数は公表されますが、入退院者数が解らない。

巷でよく「体調管理」と耳にしますが、献立からちゃんとなさっているんでしょうか?

まさか、手洗いうがいマスクのことじゃあないですよね。

世の中、勘違いの「流行り言葉」が氾濫しているのでややっこしくなりました。


#将軍塚 #桓武天皇 #和気清麻呂 #清少納言 #枕草子 #青蓮院 #青龍殿 #紅葉

0件のコメント

最新記事

すべて表示

細雪

枝垂れ梅

御焚上