• 当主

お為

すいば69


最近は急激に冠婚葬祭もこじんまりしてきましたね。


京都ってお祝いにうるさいんですよ。。。

いや、過去形になりつつあります。

突然、結婚報告されてもお祝いを持っていくお日柄もあるしね。 おそらく何の役にも立たないと思うけど、まじで今も残る慣習をご紹介します。

先ず、我が家にあるお祝いで頂戴したものを確認します。 片木(へぎ)台→ある 熨斗     →ある 末廣     →ある 金封     →名前が自分になってない→要る 目録     →こちらの名、先方の父親の名を書くので→要る

ということで、金封と目録のみ新調。




金封は裏面左下に自分の名を書く

片木台に乗せる。向って左が末廣、熨斗は右にのしが着いているので右。








次に袱紗。我が家は「猩々(しょうじょう)」裏は家紋。

次に風呂敷。正絹のもの。






最後にもう一枚、苗字と家紋の入ったもの。手前に名前、上が家紋。


この状態のままお渡しします。

たいそうだけど、一世一代のお祝いをしてもらうほうは、その分うれしいかと。。。

そう京都人は考えます^^;


今回はお式に出席いたしませんが。



 ちゃんとした、丁寧な対応をしていただきました。


お祝いを戴く方は、片木台に入ったものを全部戴き、塗りの盆の中に「お為(おため)」と書いた祝儀袋にお祝い金額の一割を入れて、風呂敷に包んだ状態で礼を言いお返しします。 帰宅後、一割のお為があれば、ちゃんと確認してもらったなと納得するわけです。

大安の日、お祝いから帰って風呂敷を開くと、、、


金銀の水引の掛かった懐紙の裏に「寿」と書かれた「お為」が祝い金の1割入っていました。 ご丁寧に鶴屋でしたが「柚子餅(ゆうもち)」まで!


たいそうなことするって、「無駄」なのでしょうか?


確かに住まいが遠いと流石にできませんよね。

結婚式はひな壇に座る新しいカップルが主役ではありますが、座長はその両親です。

その考えで、この習慣は成り立ちます。

ですから、この習慣は消え去ろうとしています。

現実的には、こういう出費は新婚旅行に廻したいのが本音ですもんね。


京都の昔の習慣として、ここに残しておこうと思いました。



#お為 #熨斗 #末廣 #金封 #片木台 #目録