• 当主

御焚上

すいば116


令和3年(2021)は立春が2月3日なので、節分は2月2日になります。

地球が太陽を一周(公転)するのは365.2422日、つまり365日+6時間弱かかります。

この端数を埋めるため4年に一度うるう年があります。

これに加えて400年に3回うるう年を減らす補正も必要となり、今年のように2月2日になるようです。明治30年(1897)以来124年ぶりらしいです。


いろんな意味で尋常でない節分です。

武漢からのウィルスで行事は軒並み中止縮小ですね。

疫病祓いが目的なのに妙な気がします。

WHOの調査団が武漢入りしましたが、資料提出の協力もないでしょう。

1年前既にかの国の公式発表より遥かに多い1500万台の携帯電話の解約数。

これは何を物語っていたのでしょうか。



ここ上賀茂神社でも豆撒きは中止です。

古神札焼上祭こしんさつしょうじょうさい

一年間お祀りされた御神札や御守・護摩木などを焚き上げる儀式は敢行されました。


京都の緊急事態宣言も1ヶ月延長です。

御神札を焚き上げる光景は、不浄なものを火によって消滅させてくれる気がします。

そんな想いでお祈りしていました。

長細い餅に小豆の乗った餅を授与していただいたら、梅の株を頂きました。

梅といえば、今朝、北野天満宮を通りかかったら鶯が二羽、枝を飛び交っていました。

明日はもう立春ですね。

良き年の始まりになりますように。


#立春 #節分 #上賀茂神社 #御焚上 #神札 #梅 #鶯

0件のコメント

最新記事

すべて表示

今宮祭

細雪

枝垂れ梅