• 当主

リラの花咲く頃

すいば53


今年も鉢植えのリラがまた咲いた。



また、この唄を思い出す。

タカラヅカレビューのスタイルを創り、

レビューの王様と呼ばれた白井鐵造という宝塚歌劇団演出家がいた。 1928年、宝塚歌劇団創始者小林一三(松岡修造さんの母方の祖父)の命により

レビューの本場パリへ渡欧。 本場のレビューに圧倒された白井は約2年間の修業を積み、1930年、帰国後第1作に『パリゼット』を発表。 全20場・上演時間1時間半の大作で、ダチョウの羽根扇、タップダンス。

それまでは白塗りだった舞台メイクがドーランになり、

足を高く挙げる振付のラインダンスなどが日本に初登場した。

白井はパリ滞在中、ある歌を大いに気に入り日本に持ち帰り、自ら日本語詞をつけて、

昭和5年(1930)上演の『パリ・ゼット』の主題歌として使った。 原曲はドイツの作曲家フランツ・デーレが1928年に発表した

“Wenn der weiße Flieder wieder blüht”。

作詞者は「奥様お手をどうぞ」のフリッツ・ロッター。 ドイツ語圏での大ヒットを受けて、

翌1929年、フランス語の歌詞をつけてパリの劇場で歌われた。

これがシャンソンとして知られる“Quand refleuriront les lilas blancs”(白いリラがまた花咲くとき)だ。 当時はまだ、一般的には淡い紫色のリラが日本人にはあまりなじみがなく、 日本にある何か紫色の花はないかと模索して見いだしたのがすみれ。


「すみれの花咲く頃」はこうして誕生した。 以後、この歌は宝塚のシンボルソングとして、長く歌われることとなり、シャンソンが日本人に愛好されるようになったのは、この歌がきっかけだといわれている。


作詞:F.Rotter、作曲:F.Dölle、 フランス語詞:F.Lelièvre、H.Varna、F.Rouvray 日本語詞:白井鐵造 1 春すみれ咲き 春を告げる   春何ゆえ人は 汝(なれ)を待つ   楽しく悩ましき 春の夢 甘き恋   人の心酔わす そは汝   すみれ咲く春     すみれの花咲く頃     はじめて君を知りぬ     君を思い 日ごと夜ごと     悩みし あの日の頃     すみれの花咲く頃     今も心奮(ふる)う     忘れな君 我らの恋     すみれの花咲く頃 2 花の匂い咲き 人の心   甘く香り 小鳥の歌に   心踊り 君とともに 恋を歌う春   されど恋 そはしぼむ花   春とともに逝く     すみれの花咲く頃     はじめて君を知りぬ     君を思い 日ごと夜ごと     悩みし あの日の頃     すみれの花咲く頃     今も心奮う     忘れな君 我らの恋     すみれの花咲く頃

#宝塚歌劇 #小林一三 #白井鐵造 #Quandrefleurirontleslilasblancs #リラ #すみれの花咲く頃