• 当主

なんばのおやまはん

すいば38


「玉蜀黍」

漢字で書くと、こうなるそうです。

これは16世紀に海を渡り日本へ渡来しました。

日本は島国ですから舶来品に強い関心を持ちます。

だから舶来モノに「唐」や「南蛮」の文字を冠す習慣がありました。

持ち込んだのはポルトガル人でした。

当時すでに中国から伝来していた「唐黍(もろこし)」に似ていました。

舶来のもろこしなら「唐唐黍」となるので、別の漢字「蜀黍」に変え、黄金色の実が美しく並ぶことから「玉」(宝石)の文字をあて、「玉蜀黍」になったそうです。

呼び名も「唐のモロコシ」から「トウモロコシ」になりました。



しかし、京都では昔から「なんば」と呼びます。

トウモロコシの別名「南蛮黍(きび)」からきたらしいです。

地方により他にも様々な呼び名があると聞き、もっと驚きました。

ところで「おやま」。

「女形」や「女方」と書きますよね。

歌舞伎において若い女性の役を演じる役者を指す言葉ですね。

要するに、本物の「女」でないものが「女」の形をするという意味にとっていいと思うんです。

おばあちゃんが、いつも夏の時期、なんばを焼いてくれた後、数日干しておいたなんばの皮を数本束ねて縫い糸と「こんばさみ(糸切りばさみ)」を持ち、綿を詰めて一人こつこつと作っていたのを懐かしく思い出します。





方言も習慣も伝統も、気が付けばどんどん消えてなくなっていってますよね。


「コーン」なんて呼んでほしくないですねw

#なんば #おやま