• 当主

東山艸堂

すいば32

 京都には文人墨客の邸宅が多く残っています。


 このアングルの八坂の塔は誰しもが見た記憶のある写真です。

1,700坪の庭園が広がるこの場所は、かつて日本画壇の巨匠竹内栖鳳の私邸「東山艸堂」。

最初の写真は、ここの一室から撮ったものです。


建築された1929年(昭和4年)当時の感性がそのまま残る、アトリエとして最も多くの時間を過ごした特別な空間。手が届きそうな距離に八坂の塔を望む。

でも、入口は高台寺前です。

しかも「東山艸堂」は"THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO"と表記を変え結婚式場とイタリアレストランになっています。

門を通り母屋の前です。


披露宴会場は、元々の雰囲気を壊さないように思いの外、暗めです。


何気に栖鳳画伯の作品もかけられています。       




格調高い木の階段なんかは洋風建築ですが基本は和室です。

ま、チャペルは当時はなかったでしょうけどw


竹内栖鳳という日本画家をご紹介いたしましょう。

1864年(元治元年)12月20日 生まれ、1942年(昭和17年8月23日)没の戦前の日本画家。

栖鳳の描く動物は匂いまですると評される稀代の巨匠。

栖鳳は二条城に程近い「亀政」という小料理屋が生家だった。

13歳(明治10年)の時には、四条派の土田英林について絵を習い始め、早くからその非凡さを認められた人物である。 36歳の時、京都市と農商務省の依頼で、パリ万国博覧会の視察とヨーロッパの絵画事情の調査を兼ねて7か国の美術行脚を行い、大きな成果を得て帰国した。

栖鳳は49歳の時、帝室技芸員に任命され、また60歳でフランス国よりレジヨン・ド・ヌール勲章を贈呈された。

東の横山大観、西の竹内栖鳳と並び称された二人だが、栖鳳73歳の時、第1回文化勲章を横山大観と共に受章し、いよいよ地位も実力も最高の頂に到達した巨匠であった。

#東山艸堂 #竹内栖鳳