御靈さんの一初

すいば91 「一初」とは「いちはつ」と読み、あやめの中で一番早く咲くのでこう呼ばれるそう。 「あやめ」も「しょうぶ」も漢字で書くと「菖蒲」となりますが別の花です。 杜若、あやめ、菖蒲は見分けがつきにくく、「何れあやめか杜若」と言われるほどです。 水に浸かって咲くのが「杜若」と「花菖蒲」、乾燥地に咲くのが「あやめ」です。 上御霊神社の南水路いっぱいに一初は咲いています。水路にあって水は無しヾ(^▽^笑)ノ 私の若い頃には、神社の南向かいにずっと土塀がありました。 どこのお寺かと思っていたら高島屋の飯田邸でした。そうです、あの高島屋さんです。 その広大なお邸も今は細かく分譲されてしまいました。 そういえばDisneyもGucciも創業者のお身内が残っていませんよね。世の中、変わった。 私の中学は烏丸中学だったので、当時、毎年5月15日は休校でした。御霊祭の日だから。 我が家の氏神さまは今宮神社なので、5月5日の「おいで祭」とその当時の5月15日は「おかえり祭」の両方が休みという認識を持ち、御霊祭は見物したことがない。 現在では5月18日に行われる上御霊神社の御霊祭は洛中で最も古い祭りと言われる。 今年は武漢ウィルスのため、神輿渡御は中止です。 上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)という社名は下御霊神社に対応するもので、正式名を「御靈神社」という。 楼門より西の通を(上)御霊前通と呼び、我が家近くの七野社の南の鳥居まで伸びる。 そもそもは桓武天皇の御代、各地で流行していた疫病は御霊の祟りであるとして、延暦13年(794)5月、早良親王(崇道天皇)の御霊をこの地に祀ったのが始めだとされる

筍・桜・躑躅

すいば90 例年通り京タケノコの季節です。 今年は我が家も四世代で出かけました。 錦水亭で落ち合い、いつもの朝堀が並ぶ店へ。山手の道は説明が難しいからです。 八条ケ池の霧島つつじもそろそろ見頃です。 何年も通っていて全く知らなかったのですが、ここって光明寺という浄土宗の総本山の参道だったのです。 階段の中程で既に市街地が見下ろせます。 母も93歳、最も幼いのは生後6ヶ月足らず。長い石段でした。3歳児は登るのが早い! ついに武漢ウィルスの国内感染者も1万人超えになりました。 一昨日、京都も特定警戒都道府県に指定されました。 だからウィルス・シャットアウトという武器を首から下げて。 天気予報では雨だったのですが何故かこのお寺に着くや晴れ間になりました。 予期せぬ花見となりました。 #京たけのこ #光明寺 #霧島躑躅 #桜 #八条ケ池 #錦水亭

賀茂街道

すいば89 賀茂川は出町柳で高野川と合流して鴨川となります。そこに架かる橋は葵橋。 上流(北)へ向かい出雲路橋、北大路橋、北山大橋、上賀茂橋そして御薗橋。 賀茂川の右岸の道路を加茂街道と呼びます。 今年は武漢ウィルスのせいで中止になった葵祭もここを通ります。 近年の旅行ブームで京都の観光客は激増しましたが、武漢ウィルスのせいでこのところ道を歩く人は激減してひっそりとしています。 考えてみると、私の子供の頃ってこんなものでしたよ。 そんなわけで今年の花見は近所を歩きならがら眺めるだけです。 昼休みに御薗橋から賀茂川の堤に下りてみました。比叡山が左にあります。 写真中央奥が大文字山です。 上流に向かい橋が見えます。御薗橋です。橋幅を倍に拡げる工事中です。 対岸の左岸の桜ばかりですが、実は右岸の方が桜のトンネルがあり凄いのです。 先日発表された国の「緊急事態宣言」の対象に京都は指定されていません。 今のところ首都圏や大阪ほど感染者は多くないですが、京都の某大学の学生が欧州から持ち帰ったウィルスがこれからクラスターになる嵐の前の静けさでなけれいいのですが。。 #賀茂街道 #賀茂川 #左岸 #桜

正伝寺

すいば88 デヴィッド・ボウイ(David Bowie)が出演した1980年に放送されたCM。 当時イギリスのカルトなロックスター・ボウイは、このCMに出演し大きな話題を呼ぶ。 これを見た映画監督の大島渚が「戦場のメリークリスマス」への起用を決めたとか。 ボウイといえばベルリンの壁コンサートを開き、なんとロックが禁止されていた東ベルリンの方へスピーカーの1/3を向けた。これがベルリンの壁崩壊へのキッカケになったことでも有名ですね。 当初、撮影場所は他を考えられたが、京都通のボウイが指定したのは正伝寺だったそう。 実は会社の昼休み、よくこの寺の前を歩く。 五山の送り火の「舟形」の麓ですが、一度、拝観したいと前々から狙っていました。 正伝寺は吉祥山 正伝護国禅寺といい臨済宗南禅寺派の寺院。 方丈も庫裏もさほど大きくないが敷地はかなり広く、山を少し登らなければならない。 千家さんの前に流れていた小川(こかわ)の源流もここのようだ。 正伝寺創建は鎌倉時代の文永10年(1273)。 烏丸今出川付近に建立されたが、9年後の弘安5年に現在の西賀茂に再建されました。 室町時代には後醍醐天皇の勅願寺となり興隆するも応仁の乱により荒廃。 その後江戸時代初期に徳川家康の庇護を受け再興。方丈には狩野山楽の襖がある。 方丈の前庭は白砂とサツキの刈込みのみ並ぶ枯山水で遥かに比叡山を取り入れた借景式。 刈込は右から七・五・三と配列され獅子の児渡しと称され、作庭は小堀遠州と伝わる。 京都も遅ればせながら新型コロナウィルスの感染拡大を受け、府と市が4月2日午前、人混みが予想される場所への外出自粛の呼び掛けをしま