京の冬の旅〜京都駅八条口 コンコース

京都へ新幹線で来られる方も多いと思います。 新幹線の乗り降りには八条口からですが、西口の改札を出たコンコースのディスプレイを観てビックリ。 私どもの袋帯「梅花皓月(ばいかこうげつ)」が飾ってありました。 万花に先駆けて咲く梅。 今年の初めに驚いてしまった出合いでした。 #梅花皓月 #京都駅

玉の輿の日

すいば47 玉の輿の日〜1月20日 我が家のすぐ近くに大徳寺がある。 子供の頃の昭和30年代には大徳寺の土塀が壊れていて近所の子供達はそこから寺に出入りしたりして遊んでいた。 いまの大徳寺の土塀は完璧です。 右側の角から二軒目のお家が本日の主役が晩年住まわれたお家ですが、改築されています。 当時、こんなところに似つかわしくない洗練されたご婦人の姿が時折見かけられました。 黒い日傘をさした洋装の女性です。 当時の日本では太陽光を一番反射するのは白で、光を吸収する黒なんぞはもってのほかと信じられていた時代。 今からご紹介する女性の物語は、今でもご本人を知る人が大勢いる、ある女性のお話です。 寺町の刀剣商・平助の娘・雪は、祇園甲部でお茶屋兼置屋『加藤楼』を経営していた姉の縁で14歳で芸妓となる。源氏名は「雪香」。歌舞に優れ、特に胡弓を得意とした。 店は京都の縄手新橋上ルにある外人専用の 「小野亭」ですが当時外人用は格下とされました。 明治34年(1901)、当時30歳のアメリカ人・ジョージ・デニソン・モルガン(George Denison Morgan. アメリカの大財閥・モルガン商会のJ・P・モルガンの甥)と出会い、求婚されたことから雪の波乱万丈の生涯は始まります。 モルガンは恋人と別れたばかりの失意の旅行中に日本に立ち寄り、お雪が結婚を承諾するまでの4年間に3度来日した。当時20歳の雪には当時京都帝大に10歳年上の川上俊介(のち浪速銀行東京支店長)という恋人がいたが、この騒動が新聞に掲載されたために破局。 明治37年(1904)1月20日、当時4万円(現在の8億円相当)という莫大

平成最後のお正月

すいば46 平成最後のお正月 大晦日、というより元日に日付の変わる深夜零時に除夜の鐘つきは始まりました。 大徳寺にある大徳寺派の修行専門道場です。 星空は見えていましたが京都特有の時雨が降りました。 初詣は二日の今日、世界遺産・上賀茂神社。 御神馬も好天の暖かい日でご機嫌もよろしいようでした。 ならの小川に掛かる橋殿では「能」が奉納されていました。「吉野天人」です。 今日も時雨に遭いました。 我が家は門松ではなく「根引の松」を玄関両横に飾ります。 お茶菓子には「松露」にしました。 #除夜の鐘 #大徳寺 #上賀茂神社 #吉野天人 #世界遺産 #根引の松 #ならの小川 #松露